形状計測器

インライン形状測定システム

 光コムを利用した非接触式三次元形状測定器のインラインモデルです。
 
生産ラインに光コムセンサーを組み込み、全数検査を実現いたします。
 
外乱光の影響を受けずに、精度・速度を兼ね備えた光コムだから実現できる全数検査です。

2017年に入り、大手自動車メーカー様で導入が実現しています。
 
振動対策、判定ソフトウェアも併せてご相談ください。
 
 
<主なポイント>
・鋳造品、鍛造品などの10~60秒程度のタクトタイムが主な利用分野(対象ワークによる)
・外乱光の影響を受けないため、カメラ方式やレーザー変位計よりも運用が容易
・判定ソフトウェアは光コムにてご用意可能
・クラス1レーザーであるため、海外工場への展開も可能
・振動対策、粉塵対策を伴う設備化は可能。主要部品は予防保全致します。
 
 <ご参考>  
  インダストリー4.0時代における”目”としての高速センサー
 

   

 

 

 

 

 

 

品質検査クラウドプラットフォームの提供 

 光コムセンサーで全数測定を実現すると、10秒~60秒単位で数十~数百メガの三次元データをハンドリングすることになります。

 

また、センサーの設置箇所が、物理的に分散するため、クラウド上にデータを集約・活用する仕組みが必要です。

 

そこで、光コムではデータの高速保存の仕組みもご用意しています。


2017年中に、数社の自動車メーカー様にてインライン測定データのクラウド保存を開始見込みです。


これによって、AI・ディープラーニングにより企業内ビッグデータを活用できるようになります。


※詳しくはこちら http://www.optocomb.com/industry/i4-01/ )