製品一覧

切削不良の検出

切削加工工程においては、ヒトの目視では検出できない、

微細なバリ、うねり、ビビりなどミクロンレベルの加工不良が発生します。

その多くは、加工機の回転・動きによって発生します。

光コム形状測定システムでは、これらの加工不良を検出することが可能です。

 

 

 

 

切削不良は、対象物に合わせて画像処理や各種自動判定アルゴリズムを組み合わせて検出いたします。

対象物に合わせて最適なアルゴリズムを選定させていただきます。個別にご相談ください。

ラインに設置して自動検査工程にする場合には、各種測定テーブル・冶具等と組みあわせて納品させていただきます。

 

 

 

 

切削不良の自動検出にご関心がある方はこちらからお問い合わせください。

サンプル測定も賜わっております。

問合せフォーム
*
貴社名*
Eメール*
電話番号
お問い合わせ内容*
お問合せ詳細(自由記入)
弊社から定期的に製品・技術情報をお送りします。ご不要な方はチェックしてください。
チャネル