製品一覧

インライン測定のヒント その1

 

インダストリー4.0時代において、インライン測定は世界の製造業の関心事項です。

そして、最先端分野であります。

この分野のポイントは、スピードです。

測定器の話になると”精度”が話題になりますが、実は”スピード”がポイントになるわけです。

もちろん、一定の精度は必要ですが、自動車をはじめとして必要な精度は10~100ミクロン水準です。


光コムは、ちょうどこの水準をカバーしています。

もちろん、1ミクロンの精度を実現することも可能ですが、そうなると視野が狭まったり

測定のリードタイムを要します。


では、どのくらいのスピードが求められるのか?

数十センチ大の鋳造品でも、目視チェックは1分程度終えてしまいます。

人間の目と判断力のなせる高度な技ですね。

測定器でこれらの業務を代替しようとすると、同様のスピードが求められます。

光コムの場合、50センチなら30秒程度で測定できます。

これにソフトウェアによる自動判断が5~10秒程度だとすると

場合によっては人間以上に速く品質チェックが可能になります。

10~100ミクロンで良いから、速く、とにかく速く、このニーズにお応えしていきたいです。

 

 

 

【執筆 : 株式会社光コム 取締役COO野田直孝】 

 

野村総合研究所にて経営コンサルティング・事業再生に従事。

その後、上場Webベンチャー等を経て光コムに参画。

測定器事業を通じて日本発のインダストリー4.0の実現を支援する。

専門は、事業経営・マーケティング、業務革新・システム開発。

趣味は自動車、および自動車生産ラインの見学。