製品一覧

インダストリー4.0時代の検査工程についてのレポート

 

インダストリー4.0および三次元測定、製造業の動向について、ホワイトペーパーシリーズをリリース致します。

これまでよりも、より詳しい考察を盛り込んでの情報提供に取り組む所存です。
 
まず、第一弾として、検査工程がどのように変化するのか?という点についての考察を発表致します。
 
概要は以下の通りです。是非、ダウンロードの上、ご拝読いただければ幸いです。
 

※ダウンロードはこちらのアイコンをクリックしてください。(PDFファイル)

Adobe_PDF_file_icon_32x32.png 

 


【概要】
 
1.インダストリー4.0具体的には製造業におけるスマートファクトリーを実現する際に、
既に自動化が進んでいる工程ほどその実現が容易であり、
自動化がなされてない工程ほど、その実現は難易度が高まる。

2.株式会社光コムが携わることが多いのは、特に自動化が進んでいない、品質検査工程である。
品質検査工程は、その最先端を走る自動車、航空分野において膨大な目視検査が行われている分野である。
それだけのコストがかけられているということは、効率化のポテンシャルが膨大であることを意味する。

3.本稿は、品質検査工程の構造変化を明らかにし、将来像を構想する。
また、概略ではあるものの、現場の投資計画の広がりを前提として、市場規模の試算を試みた。
インダストリー4.0IOT全体の市場推計は多数見られるものの、
品質検査工程に特化した市場規模推計はおそらく世界初(※201612月光コム調べ)であり、
興味深くご覧になっていただけるものと考える。