製品一覧

インダストリー4.0は2017年度に急に実現する

 

インダストリー4.0はいつ実現するのか?

2020年のオリンピックのころか?

それとも2030年なのか?

とても気になるところですね。

 

光コムは、ある前提をもとに2017年度であると考えています。

製造業の設備投資は、1~3年前から予算取りをしっかりやる必要があります。

2016年度のこの冬、インダストリー4.0関連の予算取りが半端ない状況にあります。

大手製造業であればあるほど、その傾向が見られます。

 

よって、それらが具体的な設備として世の中にお披露目されるのは2017年度冬であり、

本格的に複数の工場に展開されていくのは2018年度~2019年度になると考えています。

 

よって、前提としてモデルとなる生産ラインで実現されるのは2017年度、

そして東京オリンピックの2020年よりは前に一気に拡大していくと推測しています。

 

大手製造業ほどではないにしても、投資余力がある会社様は

さらに1~2年遅れてしまうとは思いますが、いずれにしても2020年までには

相応の広がりが進んでいるのではと考えられます。

 

逆に、2016年度も、2015年度に続いて何も起こっていない、変化していない

と考えてしまうと読み違えるかもしれません。

確かにコンセプト先行で数年間、何も起こっていないように見えるのですが、

この2016年冬は水面下で変化が起こっているのではないか?

そう感じます。