形状計測器

ソフトウェア開発エンジニア 足立

 IMG_9037small.JPG

 <略歴>

広島大学大学院物質工学研究科化学工学専攻 修士課程卒

三井造船株式会社にて技術開発に携わる。

2016年よりソフトウェアエンジニアとして光コムに参画。

各種対象物の解析、三次元データに関するソフトウェア開発に携わっている。

 

 

光コムにおけるソフトウェア開発

 

とにかく最先端の三次元データ解析、

しかもオンリーワンの技術を取り扱っているというのが魅力的です。

 

ロボットビジョンや自動運転などが注目されていますが、

光コムは少し違う立ち位置でソフトウェアを作りこんでいます。

具体的には、高精度三次元データを超高速で処理し、

自動車生産ラインで活用するソフトウェアづくりです。

 

この分野は、他に手掛けている事業者も少なく、

本当にオンリーワンのソフトウェア開発であろうと思っています。

もちろん、難しい課題もありますが、オンリーワンの技術を取り扱っている楽しさ、

一流の課題に取り組んでいる顧客担当者とのやり取り、そういった魅力があります。

 

なお、インダストリー4.0分野・IOT分野では、もっともホットな開発を手掛けています。

この分野では、アプリやWebの開発とは異なり、実物や生産ラインを含む実態世界と、

三次元データというデータの世界を組み合わせて処理を行います。

まさに映画”マトリックス”の世界を構築する取り組みです。

 

世界中の自動車産業がこの取り組みを進めている中で、光コムはど真ん中で勝負できていると感じます。

 

 

光コムはどんな職場ですか?

 元々が東工大の研究室だった会社なので、研究室的な空気はあります。

一方で、大手ベンチャーキャピタルから投資を受けているため、

会社として一気に拡大していく熱さ、勢いもついてきていると思います。 

特にソフトウェア開発のメンバーは増えていくと思います。

 

別に何でもできる必要はなく、得意な分野をお互いに活かしていける雰囲気は強いですね。

顧客のスケジュールが厳しい場合はあるので、その時は短期的に大変な時はあります。

ただし、勤務時間も比較的短く、休暇もしっかりある会社なので、

長く働きやすい環境だと思います。

 

一緒に最先端のソフトウェア開発する仲間をお待ちしております。