形状計測器

機械学習のための教師データ取得

 

 

光コム形状測定システムは、外乱光の影響が無いため、現場での利用が容易です。

そのため、現場における全数データの取得、つまり教師データの取得が可能となります。

 

これによって、機械学習のアルゴリズムづくりが進み、

単に設備稼働、電力管理などにとどまっていた機械学習から、

モノづくり現場における機械学習の利用に展望が開けます。

 

ソフトウェアエンジニアの方は、

いくつかの機械学習プロジェクトを担当いただき

機械学習に関するコンサルテーション、各種検証・解析に取り組む機会が得られます。

 

 

製造業における機械学習の先端事例

 

機械学習の利用は、設備管理やB2Cマーケティング分野などが先行しており

自動車のようなものづくりの現場ではまだまだと考えられていました。

 

その理由は、教師データが取得できなかったからであり、

光コム形状測定システムによって新たな展望が開かれました。

 

水面下では様々な取り組みが始まっています。

既に2年後に人が全く関与しない全自動検査ラインが構想されていたり

機械学習を活用した検査ライン・ソフトウェアの議論が始まっています。

製造業における最先端の機械学習プロジェクトに関わりたい方

是非当社にご応募いただければ幸いです。