これまでとはまったく異なる世界最高水準の原理をついに産業応用成功



  • 原理の違いは光にアリ

    光コムは、等間隔にて波長が並ぶ光を呼び、波長が”くし”が並んでいるように見える光源となります。弊社では、1500nm付近のレーザを用いることにてクラス1の安全なレーザとして取り扱うことができます。












01 光コムの5つの絶対優位性

複雑形状も容易に測定可能


光コムはレーザーが同軸上にあります。
同軸レーザーにおいて原理上光コムを超える精度はありません。同軸レーザーの最大のベネフィットは複雑な形状でも3次元形状を容易に測定できることとなります。




02 光コムの5つの絶対優位性

1秒間に50万点の高速測定


全数自動検査をするためには高速性が最重要となります。
光コムでは秒速50万点の高速測定まで達成しても高い精度でデータ取得できます。




03 光コムの5つの絶対優位性

130mmの凹凸形状も測定可能


光コムセンサーは非常に広い測定深度を有しており、複雑形状だけでなく大きな凹凸形状も得意とします。




04 光コムの5つの絶対優位性

外乱光の影響を受けません


光コムという特殊なレーザーを使用しているため、外乱光と反射光を明確に識別できます。
従いまして、外乱光の影響をまったく受けません。




05 光コムの5つの絶対優位性

同軸レーザーはワーキングディスタンスも長い


広範囲センサーで127mm、高精細センサーで107mmのワーキングディスタンスがあります。
そのため、特異な形状の奥底まで容易に測定が可能となります。





活用実例へ